高校生 育毛剤

低予算で薄毛、AGAを改善する方法について。

高校生の薄毛

薄毛に悩む世代は年々広がっており、今では10代20代の若い世代まで薄毛に悩む人が増加傾向にあります。近年ではAGA(男性型脱毛症)という言葉も一般的になり薄毛治療にますます関心の目が寄せられています。ここでは、10代や学生向けにAGAの原因を詳しく説明して、10代学生でもできる低予算のAGA対策方法を紹介します。

 

薄毛に対する間違った知識をもったままだと、育毛商品やサービスの安易なキャッチコピーに振り回され正しい薄毛治療ができなくなってしまいます。大事なのは正しい知識で正しいヘアケアを行う事です。
正しい方法でヘアケアを行うことで薄毛を改善された方は多くいます。実際に薄毛を改善した人と同じことをすることが薄毛改善への近道ともいえるでしょう。

AGAの原因と10代から開始される髪の脱毛について

高校生の薄毛、AGA

薄毛の原因は一般的に、遺伝であったり、普段の生活習慣であったり、頭皮の清潔感であったりとよく世間では言われますが、現在、男性の薄毛の原因の8割り以上がAGA(男性型脱毛症)によるものであることが解明されています。この解明をきっかけにAGAという言葉がいっきに普及して、病院でも「AGA治療」という名前で診察してくれるところもたくさんできてました。

 

実はこのAGAは10代の成長期あたりから、徐々に進行している人が多い症状です。
その理由を説明するにはまず、髪を脱毛させるAGAの症状が発症する仕組みを理解する必要があります。
ここはかなり重要なので必ず理解してください。

 

AGAの仕組み

 

体内には「酵素」という人の細胞や臓器を正常に動かすためのものがあり、その中で「5αリダクターゼ」という酵素がります。これが体内にある一般的に男性ホルモンと呼ばれる「テストステロン」(TH)に結合すると、さらに強い男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」(DHT)が生成されます。この「ジヒドロテストステロン」が髪を脱毛させる原因物質です。仕組みだけで言えば以上となり、かなりあっさりしていますが、これを医学的に解明されたのはここ10年前後のことです。

 

そしてなぜ10代からAGAの症状が徐々に出始めるかというと、10代は体内にある「テストステロン」の量が一気に増える年代だからです。
ただ、「テストステロン」自体は決して体に悪いものではく、男性らしい髭を生やしたり、がっしりとた体を作り上げることや、性欲の増進、スポーツなどを行う際の精神的な原動力になるなど様々な効果があります。

 

では、「テストステロン」が増えるからと理由で成長期の男性がすべて薄毛になるかというとそうではありません。むしろ一般的に薄毛、ハゲと呼ばれる程度に髪が抜ける人は少数派です。では、ここで髪が薄くなる人とそうでない人の差は何かというと、上記で説明した「ジヒドロテストステロン」が生成されるまでの過程でいう「5αリダクターゼ」と「テストステロン」が結合される感受性の違いであると言われています。
この「ジヒドロテストステロン」の感受性には個人差があり、この感受性が高い人が10代から髪が薄くなっていきます。この感受性は遺伝によってほぼ生まれた時から決まっていると言われており、ここが薄毛は遺伝と呼ばれる理由でもあります。

 

ではこの感受性の高い人はどうやって「ジヒドロテストステロン」による脱毛を防げばよいのでしょうか。

AGAの治療の基本はプロペシア。

プロペシアの画像

ここで活躍するのが「プロペシア」という医薬品です。これは、AGA治療に対応している病院で処方される飲む育毛剤と呼ばれるもので、体内にある「5αリダクターゼ」と「テストステロン」の結合を阻止して、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える効果があります。このプロペシアの効果はかなり大きく使用した80%の方が脱毛、薄毛の改善が確認されたと報告されています。その信用性も高く、2010年に日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」にもAGA対策として効果があると医学的に認められるとの記載があるほどです。

 

また、このガイドラインにはプロペシアとは別に「ミノキシジル」という薬もAGAに効果があると記載があります。ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張して血行を強く促し髪を発毛させる効果がある医薬品です。AGA治療で処方される薬は基本的にはプロペシアのみで、薄毛の症状が進行している人はプロペシアと一緒に頭皮につける液体のミノキシジルが処方されることがほとんどです。

プロペシアとミノキシジルは未成年には処方されない理由とは。

問題

AGA対策として効果を発揮する「プロペシア」と「ミノキシジル」ですが残念ながら未成年には処方されない医薬品となっています。

 

理由は副作用によるもので、「プロペシア」は男性ホルモンに直接影響を及ぼす薬のため、成長期の男性には積極的にすすめることができず、使用した場合は最悪ED(勃起不全)になる場合もあります。しかもプロペシアを辞めたからといって改善するものではなく、そのままEDが改善しない場合もあると報告されています。そして「ミノキシジル」はもともと高血圧の患者用に薬が副作用として毛が生えるが分かり、これを利用して発毛を促す薬として販売されている経緯があります。ミノキシジルは血圧を下げたり、胸が苦しくなったり、心臓の動悸(必要以上にドキドキさせる)を起こすことがあり、心臓に負担がかかるため、心臓の弱い方や家族に心臓の病気を持つ方、そして成長期にあたる未成年の男性には使用を禁止されています。

 

また、プロペシアが処方される際に医師から受ける説明の中に、子作り中の服用は避けたほうがよい旨を説明されます。これは、生まれてくる子供に影響がないよう(障害児や奇形児にならないように)医者が事前に説明しています。このような事からも、「プロペシア」や「ミノキシジル」は効果はあるものの化学成分を使った医薬品であるためにある程度のリスクは避けることはできません。

プロペシアとミノキシジルと同じ効果のある副作用のない育毛剤で薄毛を改善。

イクオス

では、「プロペシア」や「ミノキシジル」が使えない未成年の薄毛、AGAはどうやって改善するのか。

 

一昔前までは何も選択肢がなかったのですが、今では「プロペシア」や「ミノキシジル」と同じ効果のある育毛剤が販売されており、なおかつ副作用もないため未成年でも使用できます。
市販では販売されていないAGA治療に対応した育毛剤で、チャップアップ、イクオス、ブブカあたりがこの種類の育毛剤では有名です。

 

育毛成分として配合されている「オウゴンエキス」が「プロペシア」と同じように「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制してくれる効果があり、「M-034」が成分が「ミノキシジル」と同等の血行促進効果を発揮して発毛を促すことができます。育毛剤に含まれている成分も、化学成分は一切入っておらず、100%天然成分のため副作用は全くありません。

 

(オウゴンエキスでAGAの発生を防ぐ)

イクオスの効果

そして、金銭面でもかなりリーズナブルな治療法で、一般的な病院で行うAGA治療が月10,000円〜15,000円ぐらいの予算がかかるのに対して(AGA治療は保険が効かないため全額自己負担)、育毛剤は一本7,000円前後で、薄毛の気になる部分にだけ使用するだけでも効果があるので、2,3ヶ月ほど持つ事から一日缶コーヒー一本ぐらいの価格で治療が行え、コストパフォーマンスがすぐれているのが特徴と言えます。

 

このような育毛剤が発売されてから、AGAに悩む学生や10代にも薄毛対策の選択肢が増えています。

 

>>AGAを改善した人気育毛剤ランキングと使用者の口コミはこちら

(番外編)育毛シャンプー神話

育毛シャンプーの価値

薄毛に悩む人の中でよくシャンプーを育毛シャンプーに変えて薄毛を改善しようとしている人がいます。育毛シャンプーはたしかに髪にいい栄養が含まれていたり、頭皮に刺激を与えないような成分の調整がされていたりで、普通のシャンプーに比べると育毛に適したシャンプーと言えます。

 

ただ注意してほしいので、育毛剤シャンプーでは薄毛は改善しないということです。男性の薄毛の約80%を占めるAGAの原因は頭皮が汚れからくるものではなく、髪を脱毛させる「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンだからです。この事実を無視して、シャンプーだけで薄毛を改善しようということは全く無意味と言えます。

 

某お笑い芸人がCMで育毛シャンプーで髪が生えたような宣伝をしていますが、これは決して育毛シャンプーの効果ではなく、プロペシア、ミノキシジルのような医薬品や専門のサプリメントの効果をベースにした治療を続けている上で、髪が生えた結果です。その髪が生える過程で使っていたシャンプーを宣伝すればシャンプーに本来の効果とは別に実際に髪が生えたという付加価値が付き、育毛シャンプーの宣伝効果が上がるというカラクリなのです。

あなたの参考になる口コミはこちら

 

★★★★★ それほどお金かけなくても効果ある
投稿利用者 つよ 投稿日 2016/02/06
使用育毛剤:チャップアップ

 

高校のはじめくらいから、つむじ辺りが薄くなってたがとりあえずで復活できた。(2,3ヶ月ぐらいで??)
最初は市販の育毛剤で試してみたけど市販は効果が弱すぎると思う。
あとシャンプーはアミノ酸系の安いで十分だと思う

 

★★★★★ スカスカ度がへる
投稿利用者 10代のゲレゲレ 投稿日 2016/01/07
使用育毛剤:イクオス

 

毎日、朝晩1mlずつ使用した。髪全体がスカスカな感じだったけど、一本目の使用が終わる頃には、鏡でおでこをしたから見たときに、産毛が全体的にたくさん生えているのがわかる。今2本目だが、風呂場で髪が濡れてもだいぶ気にならなくなってきた。あと関係ないけど、ワックスで髪が立ちやすくなった。

 

★★★★★ コスパ最強
投稿利用者 まーくん 投稿日 2016/12/02
使用育毛剤:イクオス

 

とりあえず効果とコスパからイクオスを選んだ。つむじから髪の分け目がやばかったけど何とか気にならない程度に改善できた。抜け毛が減ったと思うようにあったのは使用して半月ぐらいたったころ。AGAの病院いかずに済んだ。

 

★★★★★ 予防として
投稿利用者 たか@高2 投稿日 2016/12/25
使用育毛剤:チャップアップ

 

周りからみてハゲって言われるような薄さじゃないけど育毛剤買ってみた。中学あたりに比べて高校にはいってから明らかに髪の量が減っているのが分かったから。使用してから1ヶ月ぐらいには風呂場の抜け毛がかなり減った。

 

>>チャップアップ利用者の口コミを見るにはこちら

 

>>イクオス利用者の口コミを見るにはこちら