高校生 育毛 人気

高校生がよく行う人気の育毛法の○×まとめ

シャンプー

シャンプー

 

シャンプーは自分にあったものを使う。自分に合ったものとは、使った後に痒み、湿疹、ふけがでないものです。自分に合ったシャンプーなら市販の安いシャンプーでもOK。

 

薄毛が気になり育毛シャンプーに切り替える方法もある。育毛シャンプーは通常のシャンプーと比べると、頭皮に負担のかからない成分でできています。頭皮に必要な脂は残しつつ必要のない汚れは取り除く効果があります。

 

育毛シャンプーにもいろいろ種類があり一本1,000円程度のものから5,000円程度のものまでピンキリ。高いシャンプー=良いシャンプーではない。男性の髪が抜ける仕組みから考えて、シャンプーだけで薄毛が治ることはまずありません。高いシャンプーでも安いシャンプーでも自分に合ったシャンプーであれば、それで十分です。

 

ドライヤー

ドライヤーを使う男

 

お風呂上りは、ドライヤーですぐに髪を乾かすのが理想。髪が短い場合はタオルドライで十分だが、髪が長いと髪が乾くまでに時間がかかり、湿気で頭皮に雑菌が増えやすい状態になる。
抜け毛や髪の成長とはそれほど関係はないが、ふけ、痒みを防ぐという意味でお風呂あがりは、できるだけ早く髪を乾かす。

 

育毛剤

育毛剤をつける男

 

育毛剤にはいろいろな種類があり、自分の薄毛に合った種類を選ぶのがコツ。育毛剤は大きく3種類に分かれる。

 

  1. 頭皮の血行を良くするタイプ
  2. 毛根に栄養を与えるタイプ
  3. 男性ホルモンを抑えるタイプ

 

高校生の薄毛の場合、予算が少ないせいか、市販の1,000円前後の育毛剤を選ぶことが多い。1,000円前後の育毛剤はほぼ間違いなく(1)の頭皮の血行を良くする育毛剤。
2,000〜3,000円ぐらいになると(2)の毛根に栄養を与えるタイプが多くなる。

 

ただ、現在男性の薄毛の8割り以上は男性ホルモンによる影響だということが医学的に解明された現在では(いわゆるAGA)(1)、(2)の育毛剤は気休め程度にしかならないのが現状。
多少値ははるが、(3)の男性ホルモンを抑える育毛剤を選ぶのが正解。
AGAの原因は体内の男性ホルモンの影響によるため。

 

(3)のタイプは、(1)、(2)の頭皮の血行を良くする成分と毛根に栄養を与える成分も含まれており、様々な薄毛に原因をブロックしてくれる。
育毛剤の利点は、薄毛が改善するまでの期間が比較的短いこと。普段の生活習慣を変えて薄毛を改善するのは、何年もかかるといわれているが、育毛剤は早くて1ヶ月以内で効果がでる。

 

>>男性ホルモンを抑える育毛剤の詳細についてはコチラ

 

マッサージ

頭皮マッサージ

 

毎日、頭皮をマッサージすることで頭皮が柔らかくなり、血行を促進させることで抜け毛の予防や発毛を促すことができる。特に育毛剤使用後のマッサージは、育毛剤の成分をよく浸透させる効果があるため、育毛剤使用後のマッサージは必須。頭がつっぱり、頭皮の血行が悪くなりやすい、頭頂部〜つむじ辺りの後頭部を重点にマッサージするのがコツ。

 

食事

大豆

 

食事は髪に限ったことではないが、栄養のバランスよく食べるのが理想。AGA対策という点でこだわりたいところは、大豆製品を食べること。納豆、煮豆、きな粉、味噌、豆腐、ゆば、おから...etc

 

大豆製品にはイソフラボンという成分が入っており、これが体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整える役割がある。男性で薄毛になる人は、比較的、男性ホルモンが女性ホルモンと比べて多めなので、毎日1パック食べると良い。

 

睡眠

睡眠

 

髪の成長に必要な成長ホルモンは、午後10〜深夜午前2時に間が一番活発に働く。この時間に寝るにが髪の成長には一番良い。
なお、寝る前にお風呂に入って、育毛剤をつけマッサージをしておくと、頭皮の血行が良い状態で眠りにつけるので、髪の成長に相乗効果が加わる。

 

運動

ランニングをする男女

 

運動は、血液の循環を良くする有酸素運動が髪に効果がある。有酸素運動とは、ランニング、水泳、サイクリングなど。一日一回30分程度行うのが理想と言われている。