10代 ハゲ

10代のハゲはAGAの初期症状

10代のハゲ画像

 

10代から始まる薄毛は、男性に限っていえばAGAの初期症状です。

 

AGAは主に20代後半から多くなる症状ですが、早い人は10代から発症してしまい、主に頭頂部やつむじ辺りからハゲ(薄毛)が進行してきます。
AGAのやっかいなところが、進行型の症状であるために、なんらかの対策を取らないと時間とともにどんどんハゲが進行してしまうことです。

 

AGAの治療法には、AGA治療に対応した病院に行く方法もありますが、まだ10代のAGAの場合は育毛剤でなんとかできる場合が多いです

10代のように若い年代は育毛剤の効果がでやすい

10代の育毛剤の効果(写真)

 

10代のAGAが育毛剤でも対処できる理由は、10代ならではの体質にあります。

 

人は年を取ってくると、新陳代謝が落ちてくるために、例えば病院でもらう薬が効きにくくなったり、怪我をしても治りが遅かったりします。
ですが、10代は細胞の新陳代謝が活発なため、少量の薬でも効果がすぐにでます。

 

これと同じように、30代や40代の薄毛はAGA治療に対応した病院で、強い薬を貰わなければある程度の効果がでないことに対して、10代はそれほど強い薬を使わなくても育毛剤で十分効果を発揮することができます。

育毛剤選びはAGAに対応している物を選ぶことが重要

育毛剤の選び方(画像)

 

育毛剤であれば、どれを購入してもいいのかというと、そうではありません。

 

現在発売されている育毛剤の中には「AGA治療に対応した育毛剤」とそうでない育毛剤があります。
ちなみに「AGA治療に対応した育毛剤」にAGA対応!などのような表記はありません。

 

重要なのは育毛剤の成分にあります。

 

ドラッグストアに販売されているような育毛剤は、主に頭皮の血行を促すタイプであったり、毛根に栄養を与えるタイプであることがほとんどです。
AGAの原因は、頭皮の血流の悪さでもなく、毛根の栄養不足でもありません。体内にある「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが原因で髪の脱毛が起こります。

 

この「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの発生を抑える効果があるのが、「AGA治療に対応した育毛剤」になります。

 

「AGA治療に対応した育毛剤」の分野で有名なのがイクオスチャップアップブブカです。
育毛剤に含まれるオウゴンエキスが「ジヒドロテストステロン」の生成を80%以上抑制します。

 

使用後、早ければ2週間ほどで抜け毛がかなり減っていることに気づき、一ヶ月後には発毛を実感することができます。

 

また、10代のハゲ(薄毛)は頭頂部やつむじの一部分であることが多いため、気になる箇所のみに朝晩1mlほど塗装すれば、一本で薬2,3ヶ月使い続けることも可能です。
配送時も営業店止めにすれば、同居の家族に気づかずに購入できることハードルの低さも魅力的です。