10代 育毛シャンプー

シャンプーは自分に合うシャンプーを使えばOK!

シャンプーの画像

 

他のページで説明しているとおり、シャンプーだけで薄毛が改善されることはほぼありません。
シャンプーは頭皮環境を整えるもの。髪を増やすのは育毛剤の役割です。

 

毎日頭皮につけて洗うものですので、自分の頭皮や髪に合わないものは使いたくないですよね。
よく「自分に合ったシャンプー」と言われますが、どういったものが自分にあったシャンプーなのでしょう。

 

結論から言いますと、「自分に合ったシャンプー」とは使用して、頭皮や髪に異常がでないシャンプーのことです。
異常とは、痒みだったり、頭皮の赤み、湿疹、頭皮の乾燥、頭皮の過剰な脂などのことを言います。

 

この異常がでなければ特にどのシャンプーを使っても問題ないです。
シャンプーには大きく分かれて3つの種類があります。

 

次の3つを参考にして自分に合ったシャンプーを見つけましょう

 

石油系シャンプー

いわゆるドラッグストアで販売されているような一本500円前後の普通のシャンプーことです。
成分に界面活性剤を使用しており、泡立ちがよく、汚れを落としやすいのが特徴です。

 

薄毛に悩む人は一般的にこの石油系シャンプーを避ける傾向があります。
理由は、石油系シャンプーの成分にあります。

 

石油系シャンプーかどうかを見分ける方法として、シャンプーの裏面の成分表示を確認する方法があります。

 

そのなかで成分の名前の頭に「ラウリル○○○」とか「硫酸○○○」という成分が入っていれば石油系シャンプーです。
これは、一般的な台所用洗剤も使われている成分です。

 

つまり、極端に言うと台所の洗剤に色と香りをつければシャンプーの出来上がりということです。

 

石油系シャンプーは頭皮の脂を落としやすいのですが、必要な脂まで取り除いてしまいます。
そして、脂を取りすぎると、脳から「頭皮に脂がないからもっと脂を出さないと!」と思い、過剰に脂を出してしまいます。

 

特にオイリー肌の人は頭皮の汚れを取ろうとして洗浄力の強いシャンプーを選びがちですが、これがかえって逆効果を生んでいます。

 

石鹸シャンプー

よく薄毛に悩む人が最初に試してみるのが石鹸シャンプーです。
理由は界面活性剤を使っていないシャンプーのなかで、手軽に手に入るからです。

 

ドラッグストアでも販売されており、価格も石油系シャンプーよりちょっと高いくらいです。

 

石鹸シャンプーは無添加を売りにしているので、肌の弱い人や、石油系シャンプーを使いたくない人に人気です。
洗浄力も強すぎず弱すぎず丁度いい感じです。

 

ただ、石鹸自体アルカリ性の性質のため、洗ったあとに髪がきしみます。そのため、髪の長い人にはあまり評価がよくないです。
石鹸シャンプーはきしみが気にならない短い髪の人におすすめです。

 

アミノ酸系シャンプー

洗浄成分として、界面活性剤ではなくアミノ酸を使用しているシャンプーです。
育毛シャンプーでよく使われます。

 

薄毛に悩む人のほとんどはこのアミノ酸系シャンプーを選びます。

 

洗浄力もほどよくあり、脂もとりすぎないのが特徴。
加えて、化学成分が含まれていないものが多いので低刺激で頭皮や髪に優しい。

 

純粋なアミノ酸系シャンプーはドラッグストアでも販売されおり、価格も石鹸シャンプーぐらい。

 

アミノ酸系シャンプーに髪や頭皮にいい成分といろいろ加えると、いわゆる「育毛シャンプー」になります。

 

シャンプーをしないという方法も

どのシャンプーを使っても自分合わない人はシャンプーをしなというのも一つの方法です。

 

お湯で髪と頭皮を洗い流すだけで、汚れは8割り取れるので、シャンプーしないからといって不潔にはなりません。
ただ、最初のうちは髪や頭皮から臭いがする場合があります。

 

これは、頭皮からでる脂の臭いです。
臭いはお湯だけで髪を洗ううちに、頭皮の脂がだんだん少なくなってくるので、1,2ヶ月で臭いもなくなります。

 

そもそも、シャンプーがでてきたのは戦後のことで、それまではみんなお湯や水だけで髪を洗っていたのです。
シャンプーしないと髪が薄くなるとしたら、シャンプーのない時代に人はみんな薄毛になってしまいます。

 

気を付けてほしいのが、整髪料をつけた時。
整髪料は人工的に作られた化学成分でできたものです。残念ですが、化学成分でできたものは、お湯や水だけではなかなか取り除くことができません。

 

整髪料を使ったときは、必ずシャンプーをして頭皮や髪についた整髪料を落としましょう。